ED治療薬ビタラをお薬館で個人輸入する前に知っておくべきこと

バイアグラやシアリスのジェネリックは数多く販売されていますがレビトラジェネリックは特許の問題でまだ種類が少ないのが現状です。

レビトラ特有の効果や副作用の少なさから愛好家も多くいますが今回はレビトラジェネリックのビタラというED治療薬について調査したところ、取り扱っている個人輸入代行サイトに衝撃の真実が発覚しました。

初心者におすすめ!ED治療薬ジェネリック3点セット

世界で最も人気があるジェネリックの3点セットが破格→2018年8月31日まで!

ジェネリックは安いのに効き目が新薬と全く同じなので人気があります。

3大ED薬ジェネリックセット内容

・バイアグラ:カマグラゴールド4錠

・レビトラ:バリフ10錠

・シアリス:タダシップ4錠

人気勃起薬3点セットが3割以上も安く手に入れられます!

通常価格:8,640円 ⇒ 5,980円!

なんと満足できなかった場合は返金もOK!!

ED治療薬初心者はどの薬が一番自分に合うか試してみてはいかがでしょうか?

期間限定のこのチャンスをお見逃しなく!

[8月31日〆切]ジェネリック期間限定お得セット

ビタラ Vitara-V20とはどんな薬か

インターネット上に情報が非常に少ないビタラ。

一言で言うとレビトラジェエネリックなのですが具体的にどんな効果や副作用があるのでしょうか。

ビタラはバルデナフィルという成分を主としており、レビトラと同様の効果に期待できます。

バルデナフィルは勃起を阻害する酵素の働きを抑える成分でED患者に効果があります。

ここで言うED患者とは完全に勃起できない状態だけではなく、中折れしやすい人・半勃ちで止まってしまう人もEDに属します。

ビタラを購入する方法

ビタラは日本において未認証の薬のため、病院やクリニックで処方されることはありません。

ではどうやって入手をするのかというと”個人輸入“という合法的な方法で購入します。

個人輸入は他人に譲渡したり転売する目的でなければ海外から薬を取り寄せてもいいと法律で認められています。

しかし個人輸入にはリスクがつきもので届かないことや偽物が送られてくることも少なくありません

100%本物のビタラを個人輸入するにはまずはインターネット上にあふれている個人輸入代行サイトから信頼できるサイトを見つけなければいけません。

このビタラですが取り扱っている個人輸入代行サイトが非常に少ない点が気になりました。

ビタラの価格(100錠)と取り扱っているサイト

・15,200円-お薬なび(https://お薬なび.com/)

・6,000円-お薬館(https://okusurikan.com/)

・6,000円-元気販売(https://genkihanbai.info/)

・6,000円-エイビスドラッグ(http://ii-kusuri.org/)

上記4サイトでビタラを取り扱っていますが100錠で6,000円、1錠あたりたったの60円とは超がつくほどの破格です。

新薬のレビトラが1錠で1,300円前後なのでいかに安いかがわかると思います。

お薬館や元気販売、エイビスドラッグは姉妹サイト

ビタラの価格を調査しましたが100錠6,000円で販売するサイトは3サイトのみでした。

3サイトが6,000円均一で販売している事に疑問を頂き、この3サイトを調査してみることにしました。

まず、お薬館(https://okusurikan.com/)の概要からチェックしていきます。

運営責任者は日本人と思われる”水野正一“という方でした。

お薬館の運営概要をチェックしてみます。

サイト名お薬館 個人輸入代行
運営責任者水野正一
運営責任者Face bookhttps://web.facebook.com/profile.php?id=100012850061430
メールアドレスokusurikan@gmail.com
所在地103-30
海外 63 Wireless Road, Lumpini
Pathumwan,Bangkok 10330
Thailand
送料500円
決済銀行振込
返品・返金不良品のみ

以上がお薬館に掲載されている情報ですが、上記の運営概要とほとんど同じサイトを発見しました。

それが”元気販売“という個人輸入代行サイトです。

元気販売(https://genkihanbai.info/)の運営概要

サイト名元気販売
運営責任者水野正一
運営責任者Face bookhttps://web.facebook.com/profile.php?id=100012850061430
電話番号080-8839-9940
メールアドレスgenkihanbai365@gmail.com
所在地400-002
海外44 A,Sai Niketan,Mardes Nirmal Road,Nallasopara,Mumbai,MaharashtraINDIA
送料500円
決済銀行振込
返品・返金不良品のみ

また、他にもエイビスドラッグ(http://ii-kusuri.org/)という個人輸入代行サイトも運営しているようです。

この3つのサイトを比較してみて一切関係がないと思う人はまずいませんね。

お薬館と元気販売とエイビスドラッグは水野正一氏が運営する同一サイトだと思われます。

運営している人が同一のため、ビタラが同一の価格で売られている事も納得ですね。

その他のED治療薬なども同じ価格で販売されていました。

お薬館と元気販売とエイビスドラッグの共通点で発覚!元逮捕者が?

お薬館と元気販売、エイビスドラッグでは銀行振込による決済方法のみとなっています。

全サイトにおいてその振込先が運営責任者の水野正一氏ではないのです。

どのサイトも【アサノ クニアキ】という人の口座を利用しているようです。

・お薬館とエイビスドラッグの振込先

◆三菱東京UFJ銀行

新宿支店 普通口座

口座番号 4947550

口座名義 アサノ クニアキ

◆ゆうちょ銀行

普通口座

普通:九七八(キユウナナハチ)店 1049750

記号番号: 19790-10497501

口座名義 アサノクニアキ

・元気販売の振込先

◆じぶん銀行

みどり支店

普通預金 0413521

口座名義:アサノクニアキ

アサノクニアキ氏は女性用バイアグラ販売で逮捕か

インターネットでアサノクニアキ氏に関する記事を検索したところ、以下の記事がヒットしました。

未承認「女性用バイアグラ」HPで宣伝…「性衝動を高める」 大阪府警、容疑の35歳輸入業者を逮捕

女性の性的欲求低下障害を改善する未承認薬をホームページで宣伝したとして、大阪府警は2日、医薬品医療機器法違反(承認前医薬品の広告)の疑いで、東京都世田谷区南烏山の海外医療品輸入業、浅野邦明容疑者(35)を逮捕したと発表した。

引用元:産経WEST

アサノクニアキ氏は上記で逮捕された浅野邦明氏と同一人物と考えられるかと思います。

この時に販売していたのが「女性用バイアグラ」のアディーという商品でしたが、実際に送っていたのはアディーではなく、アディーの模造品、いわゆる偽物だったというわけです。

この場合、アディーの模造品と言われているのでジェネリックだった可能性も考えられますが、アディーそのものではなかった時点で同じ効果を発揮しても偽物と言えるでしょう。

関連で逮捕者

女性の性的欲求低下障害を改善するとされる未承認薬「アディー」をホームページで宣伝したとして、大阪府警は21日、医薬品医療機器法違反(承認前医薬品の広告)の疑いで、東京都足立区新田、海外医療品輸入業、田中秀喜容疑者(41)を逮捕したと発表した。容疑を認めている。

引用元:産経WEST

記事を読むと浅野邦明氏がオーナーで雇われていたのが田中秀喜氏だったことがわかります。

お薬館・元気販売・エイビスドラッグについても運営者は水野正一氏で振込先名義人であるアサノクニアキ氏がオーナーという立ち位置でしょうか。

また、2009年にはインフルエンザの治療薬・タミフルの広告を無許可で掲載したとして5業者が薬事法違反で逮捕されています。

このとき、東京都豊島区のエーアイジーという会社も捕まっていますがこの会社の代表を務めていたのが浅野邦明氏でした。

果たしてその関係は…

朝日新聞デジタル

J-CASTニュース

違法や届かない・偽物の情報も

インターネットでお薬館を検索すると様々な検索候補が表示されます。

この候補は調べた人が多ければ多いほど、表示されやすくなります。

・お薬館 違法

・お薬館 税関

・お薬館 エチラーム

・お薬館 届かない

・お薬館 デパス

・お薬館 偽物

ネガティブなキーワードが目立っています。

違法!?向精神薬の取り扱いも

お薬館の検索キーワードの中に「デパス」や「エチラーム」のワードも表示されたので調べてみました。

デパスやエチラームとは薬(成分)の名称で、平成28年9月14日付けで日本において向精神薬に指定されました。

向精神薬に指定されるとどうなるかというと…

個人が輸入することが禁止されます。

出典:厚生労働省

指定違法薬を堂々と販売か

お薬館や元気販売ではLINE@が用意されており、新着情報を受け取ったりやりとりをすることができます。

このLINE@から送らてくる情報において、向精神薬に指定されているデパスのジェネリック「エチゼストMD」を販売しているとアピールしていました。

画像はお薬館のLINE@から送られてきたものです。

需要があるために売れるのだと思いますが向精神薬に関する罰則は最高で7年以下の懲役または200万円以下の罰金があります。

病院にいけば処方・治療してもらえるので個人輸入でわざわざ危険な橋を渡ることやめましょう。

お薬館のビタラは危険?

上記のことから非常に安いレビトラジェネリックのビタラも安心して個人輸入できないと個人的に思います。

過去2度の逮捕歴や個人輸入における違法薬物の取り扱いなどからビタラの安さに逆に恐怖を覚えてしまう人もいるのではないでしょうか?

ビタラが有名なレビトラジェネリックであればいいのですが取り扱っている業者も少ないため、安易に個人輸入をして服用するのは危険だと思いました。

レビトラジェネリックならわたくしED博士が愛用しているバリフを強くおすすめします。

http://huckleapp.com/2018/01/17/barifu-taikendan/

送料無料&無条件返金保証

様々な個人輸入代行サイトでED治療薬を個人輸入してきたED博士ですが各サイト、特徴やサポート対応など全くもって違う事に気が付きました。

 

商品が安くても送料が追加され結果的に割高になってしまうサイトや、服用したのに効果がなく偽物薬ではないかと疑うサイト。

外国人がカタコトの日本語で対応しているため、問い合わせをしても会話が成り立たないサイトもありました。

数ある個人輸入代行サイトですがその中で対応もよく、金額に関わらず送料が無料な上に無条件で返金してくれるサイトがまこと薬局です。

ED博士がリピートする薬はほぼまこと薬局で注文しています。

製造中止により他では手に入らなくなったバリフもまだ取り扱っています。

さらに今なら初めて購入する人に限ってED治療薬のパラディグラ(バイアグラとほぼ同じ)を破格の半額で手に入れることができます!

送料やその他にお金がかかるといったことはありません。

試しにこの商品だけ注文するのもいいと思います。

初めての人だけの特典で500パック限定のため、まだ使ったことのない人は急いだほうがいいでしょう!

≫まこと薬局公式サイト