最新のED治療薬はアバナ・ステンドラ 個人輸入で安く入手

意外にみなさんに知られていない新たなED治療薬、ステンドラ。

別名アバナとも呼ばれていますが私も含め使っている人が少ないように思えます。

この記事ではステンドラ(アバナ)だけでなく、その他のED治療薬の特徴なども書いていきます。

特にED治療薬初心者におすすめの記事になるのでどうぞご覧ください!

初心者におすすめ!ED治療薬ジェネリック3点セット

世界で最も人気があるジェネリックの3点セットが破格で期間限定販売中!

ジェネリックは安いのに効き目が新薬と全く同じなので人気があります。

3大ED薬ジェネリックセット内容

・バイアグラ:カマグラゴールド4錠

・レビトラ:バリフ10錠

・シアリス:タダシップ4錠

人気勃起薬3点セットが3割以上も安く手に入れられます!

通常価格:8,640円 ⇒ 5,980円!

なんと満足できなかった場合は返金もOK!!

ED治療薬初心者はどの薬が一番自分に合うか試してみてはいかがでしょうか?

期間限定のこのチャンスをお見逃しなく!

ジェネリック期間限定お得セット

第四のED治療薬ステンドラ(アバナ)の効果は微妙か

目まぐるしく変化する時代。

ED治療薬についても同様です。

2018年3月現在、最も新しいED治療薬は”ステンドラ“またの名は”アバナ“です。

アバナの効果や、過去の勃起薬と異なる点などを調べていこうと思います。

まずは過去に販売されてきたED治療薬を歴史とともに振り返ってみます。

世界初のED治療薬バイアグラ

1998年に発売が始まった世界で初の勃起不全薬、バイアグラ

はじめての勃起薬ということもあり強い副作用が懸念され、死亡事故さえも発生しました。

逆にインポに悩まされていた世の男性にとってはまさに夢の薬となり、価格は高騰し闇市場で販売されるなんていうこともありました。

当時はインターネットが今ほど普及されていなかったため、電信柱に「バイアグラあります」などといった広告が貼られているほどでした。

バイアグラは成分の名前ではなくあくまで商品名となっており、含まれる成分はシルデナフィルという成分になります。

・25mg

・50mg

・100mg

・200mg

上記をメインに販売されていますが日本人は100mgを一度で摂取してはいけません。

全身の脈がドクン、ドクンと鼓動しているのが自分でもわかります。

はじめて服用した時は、こんな勃起薬を毎日服用していたら健康被害が出るのではないかと思うほどでした。

現在ではバイアグラの特許が切れたため、バイアグラジェネリックとしてカマグラゴールドやパラディグラなど様々な薬が販売されています

かまぐら100の効果や最安値を調査!体験談と口コミもチェック

ED治療薬パラディグラ体験談!副作用や効果は?

時代は第二のED治療薬へ

その後2004年にレビトラというバイアグラに続くED治療薬が販売されました。

こちらもレビトラという商品名であって、勃起に有効な成分名はバルデナフィルとなります。

バイアグラの欠点を極力なくした勃起薬として開発販売されました。

バイアグラが食事の影響を受けやすかったことに対してレビトラは通常の食事であれば薬の効果に影響が出ないという利点がありました。

ハイカロリーのものや油っぽい食事以外であればOKとされています。

お酒に関しても適度であれば飲酒して問題がないため、手軽に服用できるようになりました。

バイアグラに似て短時間でガツンと勃起するタイプの薬です。

こちらも特許の期間が切れたため、現在はレビトラよりも割安に購入できるジェネリックが存在しています。

病院での処方は高く、手間なので個人輸入サイトを使って入手している人が多いです。

初の長時間持続タイプ。シアリス

タダラフィルという成分が含まれた長時間型のED治療薬がこの世に出ました。

その商品名がシアリスです。

さらに先に販売されていたED治療薬と異なり、食事の有無にかからわず勃起するという優れた効果を持っています。

ED治療薬を服用している人の約半分がシアリス(ジェネリックを含める)を愛用しています。

従来のED治療薬のように性行為1時間前に飲まなければいけないなどのストレスがなく、最長で36時間効果が持続する第二の夢の薬となりました。

ジェネリックを個人輸入した場合、1回につきたったの数百円という破格で手軽に服用できる点がかなり人気です。

最新ED治療薬 ステンドラ(アバナ)

第四のED治療薬としてステンドラ(STENDRA)というED治療薬が開発されました。

実はこのステンドラ、2012年にヨーロッパやアメリカで発売された意外にも歴史がある薬です。

薬の成分名は”アバナフィル”となっており、一回の服用量は50mg~200mgと決められています。

日本人の一般的なED患者であれば100mgでちょうどいいでしょう。

ED博士のように日々、異なるED治療薬を飲みまくって感覚が麻痺している人間は200mg服用しても問題ないと思います。笑

このステンドラですが開発された国によって呼び名は様々です。

アメリカ:ステンドラ

韓国:ゼピーダ(ZEPEEDRA)

ヨーロッパ:スペドラ(SPEDRA)

呼び方は異なりますが勃起をするための主成分はどの商品名でもアバナフィルとなっているわけです。

添加物や着色料などが異なるため、商品名も違ってきます。

アバナフィルはどの薬よりも早く効果を表し、空腹状態で服用すれば最短で10分で効果を実感することができます。

平均しても15分程度で効果が表れますが、持続時間はシアリスの36時間とは正反対の3~6時間となっています。

アバナフィルは人気低迷勃起薬

簡単に説明すればアバナフィルは即効性のあるバイアグラとして登場したわけですが、数ある個人輸入代行サイトでも取り扱いが少ないです。

間違いなくシアリスの方が人気があるでしょう。

その理由はやはり時間の短さでしょう。

新しいED治療薬なのにシアリスよりも短くなり、

また、日本ではまだ認可されていないED治療薬のため認知度もかなり低いです。

需要があれば数多くの海外メーカーがステンドラのジェネリックを大量に発売してくると思いますがまだ需要が追いついていないのが現状でしょう。

アバナフィルを飲んだ感想

実際にED博士もステンドラを服用したことがありますが、新しい感じは全くなくバイアグラ事態が強い薬なので若干効果が表れるのが早くなった程度でした。

ED患者が求めているものと少しずれていたことが爆発的ヒットを産めなかった理由でしょう。

次の新たなED治療薬は間違いなく長時間タイプのものになることでしょう。

バイアグラやレビトラを使っている人はわざわざステンドラ(アバナ)に切り替える必要はないでしょう。

送料無料&無条件返金保証

様々な個人輸入代行サイトでED治療薬を個人輸入してきたED博士ですが各サイト、特徴やサポート対応など全くもって違う事に気が付きました。

 

商品が安くても送料が追加され結果的に割高になってしまうサイトや、服用したのに効果がなく偽物薬ではないかと疑うサイト。

外国人がカタコトの日本語で対応しているため、問い合わせをしても会話が成り立たないサイトもありました。

数ある個人輸入代行サイトですがその中で対応もよく、金額に関わらず送料が無料な上に無条件で返金してくれるサイトがまこと薬局です。

ED博士がリピートする薬はほぼまこと薬局で注文しています。

製造中止により他では手に入らなくなったバリフもまだ取り扱っています。

さらに今なら初めて購入する人に限ってED治療薬のパラディグラ(バイアグラとほぼ同じ)を破格の半額で手に入れることができます!

送料やその他にお金がかかるといったことはありません。

試しにこの商品だけ注文するのもいいと思います。

初めての人だけの特典で500パック限定のため、まだ使ったことのない人は急いだほうがいいでしょう!

≫まこと薬局公式サイト